髪が生える

髪が生える薬はありますが、メリットだけではなくデメリットもあります。ここでは髪が生える薬の効果とその副作用について紹介します。

髪が生える > 髪が生える薬ってあるの?

髪が生える薬はありますが、メリットだけではなくデメリットもあります。ここでは髪が生える薬の効果とその副作用について紹介します。

髪が生える薬

髪が生える薬として知られているのが「ミノキシジル」という成分です。これはリアップの主成分と同じで実際に髪の毛が生えるという実績があります。

ではリアップを使えば髪の毛が生えるのか?というとそういうことではありません。

何故ならリアップは有効成分であるミノキシジルが少なすぎるからです。

少なすぎて有効成分が浸透しないんです。

その為リアップを使っても髪の毛が生えてこない人がほとんどです。

もっとミノキシジルの配合量を増やせばいいじゃないかと思うかもしれませんが、国内の規定によって配合できる量が定められているのでこれ以上高い濃度にすることができないんです。

実際海外の製品で合えばリアップよりも高い濃度でミノキシジルが配合されているものが多くあります。

最近では個人輸入できるサイトもあるのでそういったものを使えばより高濃度のミノキシジルの製品を手に入れることができます。

髪が生える薬の副作用

確かに髪の毛が生える効果があるミノキシジルですがいいところだけではありません。

ミノキシジルには怖い副作用もあるんです。

そもそもミノキシジルは髪の毛を生やす薬として開発されたわけではありません。

最初は高血圧症の方向けの薬として開発され、投与された患者さんの中で多毛症の副作用がでてきたので近年になって髪の毛を生やす薬としても認められてきたんです。

そういった由来の薬なので心臓に負担がかかる副作用があります。

具体的には動悸や全身の毛が濃くなる多毛症の症状などです。

特に低血圧の人が使用するのは避けたほうがいいです。

また日本では育毛剤タイプのミノキシジル製品しか売っていませんが、海外ではタブレットタイプの飲む育毛剤もあります。

この方が薬の浸透率が高く、効果もあるのですがその分副作用の働きも強くなっています。

保険も使えないので使用は本当に注意しないといけません。

副作用のないものを使おう

最近ではミノキシジルと同等の育毛効果がありなおかつ副作用がない天然成分ベースのものも多く開発されています。

これらは薬ではないので正式に「髪の毛が生える」と表現はできないのですが、臨床実験ではしっかりと効果がでています。

薬を使う前にまずはこういった副作用のない育毛剤を試すのがおすすめです。